Happy Valentine

しばらく更新しておらずにすみません。日々の(なんとなくの)報告はFacebookで行っていて、こちらでは少しまとまったことを書こうと思っていて時間が過ぎていってしまってます。

年明けからも精力的に活動をしていて、ひとつ大きな活動が終わりましたが、まだまだ学校でのWSが止まらない、そんな感じです。

大きな活動というのは、豊橋での講座です。ふりかえりを後日しようと思っていますが、こんな感じの事でした。
ワークショップファシリテーター養成講座【後期】発表会
PLATさんはFacebookも頻繁に更新されているので、よろしければご覧になって下さい。

小学校でのWSも年明け頑張ってます。
いくつかリンクを張っておきます。
その1
その2

最近は行く事が当たり前すぎて、学校のHPに載せてもらえるのも少ないので、写真があるのは貴重ですね。

今年度4回活動した私立中学校の1年生との活動のリンクも張ります。
これも近々ふりかえりたいと思います。
白百合学園

年度末に向けてバタバタしていますが、実は、年度末も年度末、3月の終わりに「フォーラムシアター」を試みる・報告会という活動をやります。
お時間のある方はぜひいらして下さい詳しくはこちらです。

写真は、昨日バレンタイン前日と言うことで、小学校の給食に出たエクレアパン(コッペパンの上にチョコがかかってる)です。
食べかけですみません(途中で写真を撮ることを思いついた)。

IMG_7067

Merry Christmas

怒濤の秋(学芸会シーズン)が終わり、いろいろ書きたいこともあるんですが、今日のところはMerry Christmasということで…。

写真のリースは、子どもが、自分が育てたアサガオのツルとか、ミカンについていた葉っぱとか、拾ってきた松ぼっくりとか、そこに金ぴかのリボンを切って貼ったりとか…、とにかく自分で作ってました。

心温まるクリスマスをお迎え下さい。

christmas2014_07

豊橋 ファシリテーター養成講座

7月から8月にかけ、穂の国とよはし芸術劇場PLATにて、ファシリテーター養成講座というものの講師を務めておりました。

・7/17 18時〜20時 演劇ワークショップに触れてみる
・7/26 13時〜17時 ドラトラ(詩劇)
・7/27 10時〜17時 ワークショップのゲームを考える、試す
・8/9 13時〜17時 8/31に行う子どものワークショップについて考える
・8/10 10時〜17時 8/31に行う子どものワークショップについて試す
・8/30 13時〜17時 ワークショップ準備、リハーサルなど(追加日程)
・8/31 9時〜17時 ワークショップ縁日、子どもと大人の演劇ワークショップ

という大きな流れでした。
私は、特にワークショップのことを考えたり、進行(ファシリテーション)のことを考えたりする時には
・勉強する(学ぶ、考える、etc…)
・実践する(試す、やってみる、失敗する、etc…)
・ふりかえる(客観的にみる、客観的な意見をもらう、etc…)
の繰り返し思っています。誰かの講義を受けるだけではダメで、やりっぱなしではダメで、どれもグルグルと続けて行う必要があると考えます。

なので、この講座の受講者は大変だったと思いますが、参加者同士で試しあったり、意見交換をしたり、考えたりした後で、実際初めて出会う子どもたちとワークショップを進めて行く経験というのは、とても大きかったのではないかと思います。
同時に、そのワークショップを進行してもらうための講座を進めていく私の糧にもなったように思います。

講座講師は、演劇百貨店柏木陽さんと一緒に務めました。

7/17
「演劇」「ワークショップ」に初めて触れる方もいるので、導入のようなワークショップ、演劇づくりをやりました。
僕も、本当はですが、2時間程度でワークショップが完結するのは難しいな、と思っています。楽しいだけで終わってしまうことが多いからです。
もちろん楽しいだけで終わるのが悪いわけではありません。しかし私は(私たちは)演劇をつくることを一つの大きな目標にしていて、つくる演劇は観ている人に何かを伝えるべきものであると考えるからです。「自己解放」「参加者同士が仲良くなる」「表現が豊かになる」というようなことはあるとしても、それは副産物だと思うのです。それを目標にしているわけではありません。参加者だけの自己満足で終わらない方が良いなぁ、と考えています。

※「悪い」「やってはいけない」と言っているわけではありません。私がそのことを目標にしていないだけです。

なので、本来は2時間で短い。2時間だと2時間でできることしかできません(当たり前ですね)。
しかし、ワークショップという言葉が多く使われたり、ワークショップが開かれたりしている現状、忙しい現代においては、社会状況に合わせたワークショップを考える必要もあります。
とするならば、本来的には2時間でおさまらないけど、私が伝えたいことを凝縮した形で進行した方が良いのではないか?というのが私の思いで、このようなワークショップも数多く行っているのです。
凝縮版をこの日は行いました。

ページ: 1 2 3 4

全劇研2014

暑中お見舞い申し上げます。
東京は暑いですね。雨の多い地域もあるようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、8/4(月)に全劇研で講座を一つ担当しました。
前日まで(8/3)海に行っていたので、真っ黒(真赤?)に日焼けした変な講師になってしまい、申し訳ありませんでした。

いろいろなことをやりましたが、新聞演劇(ボアール)の、平行演技・伴奏読みを試してみました。
固定残業代についてや障がい児の保育園入園のこと、武器輸出三原則についてなど、声に出して、身体を動かして、太鼓や笛や鈴を使いながら
様々な方法で記事を読み、読み手の考えや記事の裏にあることなどを浮き上がらせて行きました。

小中高の先生、大学の先生など様々な方がおりましたが、どのかたも熱心で、熱心であるからこそ面白い演劇活動ができたように思います。

その後の「物語を演劇にする」のは、時間的に難しかったかな、と思いましたが、こちらもやってみて良かったと思いました。
演劇は頭で考えてるだけじゃダメで、やはり、実際に自分で動いてみないとだめだな、なんて改めて思いました。

今週末は、再び豊橋でファシリテーター養成講座があります。
8月後半には、子どものWS先生の為のWSなどもあります。

皆様、お時間ある時に、お誘い合わせの上、遊びにきて下さい(笑)

IMG_4612 IMG_4621

先生のためのワークショップ(講座)

明日は夏至らしいですね。今日は暑いです。

いろいろ告知したいことは多いのですが、そろそろ先生達が夏の予定を決め始めている頃だと思うので、先生のためのワークショップや講座を告知します。

 

第63回 全国演劇教育研究集会(全劇研)

毎年やってます演劇教育連盟(演教連)の講座です。
今年は代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターでやります。
基本的にどなたでも参加できますが、一応学校での演劇活動のことをやろうと考えています。

全劇研自体は8/2〜4でやっていますが、私の講座は8/4です。
お時間のある方、遊びにきて下さい。

詳細は
http://www4.ocn.ne.jp/~enkyoren/festa.html
をご覧下さい

先生のための演劇ワークショップ『はじめのいっぽ と もういっぽ』

世田谷パブリックシアターで毎年やっていたのですが、去年は1年お休みしました。
今年は復活です!
先生自身が演劇をつくって、近くの子どもの施設(児童館や学童など)に見せに行っちゃおう!
という試みです。

一昨年もやりましたが、参加者には好評でした。
お時間つくって、ぜひいらして下さい。

日時:8/25(月)13時~17時
8/26(火)10時~17時

参加費:2,000円(全2回分)
主催:世田谷パブリックシアター

詳細は
http://setagaya-pt.jp/workshop/2014/08/2014_5.html
をご覧下さい